パナソニック ホームズ不動産とミサワホーム不動産が賃貸管理物件にスマートロックを順次導入

 

パナソニック ホームズの子会社パナソニック ホームズ不動産(大阪・豊中、飯代努社長)とミサワホームの子会社ミサワホーム不動産(東京・新宿、岡村康晴社長)は、既存の賃貸住宅管理物件を対象に、2022年5月よりスマートロックを順次導入する。

 

画像=プレスリリースより

 

今回、両社によるスマートロック導入は、2020年1月設立のプライム ライフ テクノロジーズ(傘下に5社:パナソニック ホームズ、トヨタホーム、ミサワホーム、パナソニック建設エンジニアリング、松村組を擁している)がグループ横断で進める賃貸管理業務DX化の第一弾として位置づけられている。

 

パナソニック ホームズ不動産では初年度7,000台の導入を目指し、ミサワホーム不動産では首都圏を皮切りに今後全国展開を図っていく予定だ。今後、各フェーズでのDX化を推進・統合を図りながら、業務効率化と顧客起点での新たな価値創造を目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ