イタンジの「電子契約くん」が宅建士が契約直前に決まるケースにも対応可能に

 

イタンジ(東京・港、野口真平社長)は、不動産関連電子契約システム「電子契約くん 」 において、入居契約の署名者登録方法のアップデートにより、宅建士が契約の直前に決まるケースにも対応可能になった。

 

画像=プレスリリースより

「電子契約くん」上で、管理会社が契約書の署名者を登録する際に、署名者の属性のみを選択することで名前やメールアドレスが無い場合でも事前登録が可能になる。また、管理会社は仲介会社を契約関係者として「電子契約くん」に招待し、署名者登録の管理権限を仲介会社へ委譲できる。

 

そのため仲介会社は自ら「電子契約くん」上で署名者フローの変更・登録が可能になり、仲介会社は契約直前であっても宅建士を決めることが可能だ。宅建士を確定すると自動で該当の宅建士へ契約手続きのメールが送付されるため、宅建士もスムーズに契約手続きを開始し電子署名まで完了できるようになった。

 

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ