estie 不動産データ分析基盤「estie pro」 資産運用会社の幅広い業務領域を支援

 

estie(東京・港、平井瑛社長)は、不動産データ分析基盤「estie pro」を通して資産運用会社の幅広い業務を支援している。物件の新規取得・運用、市場調査など様々な用途での活用が進み、新たにジャパン・リート・アドバイザーズ、リサ・パートナーズが導入した。

 

画像=プレスリリースより

 

「estie pro」は2020年7月のサービスリニューアル以降、データの拡充・機能の改善を重ね、現在は不動産AM業務における、市場調査・物件取得・期中運用・ポートフォリオ管理・投資家対応・経営企画といった幅広い業務で活用されている。活用可能な領域の広さから、複数部署での導入ケースも続いているという。

 

また、6月22日、28日に「estie pro」の活用事例を紹介するウェビナーを開催する。「estie pro」を業務で活用中のジャパン・リート・アドバイザーズ担当者が不動産AM業務におけるデータの活用方法を伝える。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ