三井不動産との共創事業アイデアを競う「生存特区プロジェクト」でyanekaraが優勝

 

三井不動産(東京・中央、菰田正信社長)が開催した『未来特区カンファレンス』の「生存特区」プロジェクトで、次世代型V2Xプラットフォームを開発するスタートアップ企業Yanekara(東京・台東、松藤圭亮社長)が優勝した。

 

画像=プレスリリースより

 

三井不動産創立80周年記念事業である未来特区プロジェクトでは「都市機能の本質とその未来」を主題に共創パートナーを募集。2022年5月27日、「未来特区カンファレンス」にて共創パートナーの発表や、共創したプロダクト(プロトタイプ)を発信した。

 

「生存特区プロジェクト」は、「都市の自立性を高めるテクノロジー」をテーマに、スタートアップや企業の新規事業部門などに向けて、三井不動産グループと共創を目指す事業アイデアを競うもの。

 

Yanekaraは、三井不動産の持つ国内有数の不動産アセットにあるEVや蓄電池などの小規模分散リソースをYanekaraの次世代型V2Xプラットフォーム「YaneBox」で群制御して調整電力として提供し、2030年代の電力需給バランスを支える事業アイディアをピッチした。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ