RENOSY ASSET MANAGEMENT、イタンジの「電子契約くん」導入で、改正宅建業法施行日から賃貸借契約を電子化

 

GA technologies(東京・港、樋⼝⿓社長)のグループ会社であるRENOSY ASSET MANAGEMENT(東京・港、樋口大社長)は、同じくグループ会社であるイタンジ(東京・港、野口真平社長)が提供する不動産関連電子契約システム「電子契約くん」を導入し、賃貸借契約を電子化した。

 

画像=イタンジ「電子契約くん」サイトより

 

2022年5月18日に改正宅地建物取引業法の施行に合わせて、賃貸借契約の完全電子化を実現。RENOSY ASSET MANAGEMENTは「電子契約くん」にて、賃貸借契約と家賃債務保証委託契約を電子化することにより、入居希望者の利便性向上や賃貸仲介業務の効率化を図る。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ