全宅連が会員10万社に向けて、新たな流通システム「ハトサポBB」の提供スタート

 

公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(東京・千代田、坂本久会長、 以下、全宅連)は、2022年9月に宅建協会会員向けに新流通システム「ハトサポBB」の提供を開始する。傘下会員10万社に対して、会員支援のプラットフォームを構築し、会員のデジタル化・DX化をサポートしていく。

 

画像=プレスリリースより

 

「ハトサポBB」は、全宅連会員支援サイト「ハトサポ」から利用できる仕組みで、不動産流通システムの主軸を、一般公開サイト「ハトマークサイト」から会員間の不動産流通機能に移す。

 

具体的な機能としては、会員間物件流通サイトを全面刷新し基本機能を充実させる他、同システム上で物件データを入力すると「ハトサポBBサイト」(会員間流通サイト)や「ハトマークサイト」(一般公開サイト)はもちろん、レインズや民間ポータル(SUUMO、HOME‵S、athome)にもワンストップで出稿でき、物件出稿の手間を大幅に削減することができる。

 

その他、管理会社と仲介会社間の内見予約をWeb上で行うことができる「ハトサポ内見予約」や、入居(買付)申込み、家賃保証会社の審査をWeb上で完結できる「ハトサポ申込」も提供する。また、すでに提供しているクラウド型契約書式作成ツール「Web書式作成システム」とデータ連携し、重要事項説明書や契約書の作成作業を大幅に軽減することも可能。まず2022年7月に、会員間流通機能を先行リリースし、続く9月に完全リリースする予定だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ