東急不動産 「代々木公園整備・管理運営事業」にて既存建物の解体工事がスタート

 

東急不動産(東京・渋谷、岡田 正志社長)、東急(東京・渋谷、髙橋和夫社長)、石勝エクステリア(東京・世田谷、合間功社長)、東急コミュニティー(東京・世田谷、木村昌平社長)は、東京都が実施する都市公園法に基づく公募設置管理制度(Park-PFI)において、2022年1月25日付で代々木公園整備・管理運営事業の認定計画提出者となり、2022年3月31日に東京都と本事業に関する実施協定を締結した。2024年春の供用開始を目指し、2022年5月9日より既存建物の解体工事に着手する。

 

画像=プレスリリースより

 

事業対象地は渋谷と原宿を結ぶファイヤー通りの中間地点で、周辺には代々木公園・国立代々木競技場、NHK放送センター、渋谷公会堂(名称:LINE CUBE SHIBUYA)などがある。同事業では「都市と公園を繋ぐ」をテーマに代々木公園と渋谷・原宿を有機的に繋いでいく。緑化計画においても、代々木公園と緑の連続性を意識したランドスケープにより、自然環境と都心の街並みの調和を図る。

 

また、公園内にスケートボードが利用可能な「アーバンスポーツパーク」、公園の中央にはイベント用の「にぎわい広場」等様々な広場やテラスを整備する予定だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ