パナソニック ホームズ 「ホテルアビターレなんばウエスト」が開業、Osaka Metro保有の不動産活用

 

パナソニック ホームズが2022年3月に竣工した宿泊施設『ホテルアビターレなんばウエスト』(大阪市浪速区)が、4月26日に開業した。同ホテルは、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)が保有するCRE(企業不動産)の活用を目的に、同社が建築請負を行い、子会社のパナソニック ホームズ不動産が一括借上げをして宿泊施設を運用する。

画像=プレスリリースより

 

『ホテルアビターレなんばウエスト』は、大阪市の特区民泊制度を活用することで、住居用建物と同様の容積緩和を適用し、容積率上限まで建築することで収益性を高めた。同社建築の既存の特区民泊物件の中では最大規模(14階建78室)となっている。

 

立地は、Osaka Metro千日前線桜川駅より徒歩約1分、なんば地区は徒歩圏内にある。客室は最大4人まで宿泊可能だ。他には、対人接触を最低限に抑える無人チェックインシステムや、全室キッチン、独立したバス・洗面・トイレ、リビングを設え、シモンズ社製ベッドを採用している。また、エントランスに大人も子どもも楽しめる約3,000冊のコミックスや雑誌を設置。空間は、ゆとりある上質、将来、賃貸住宅に用途変更した場合に待ち合わせコーナーなどの共用部として活用できるようにした。テントや大型スクリーンを備え、家族で非日常を満喫できるグランピングルームもある。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ