大阪府住宅供給公社がイタンジの賃貸顧客管理システム、入居申し込みシステム導入 

 

イタンジ(東京・港、野口真平社長)は、大阪府住宅供給公社に顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」、とWEB申込受付システム「申込受付くん)」の提供をスタートした。これにより、大阪府住宅供給公社が大阪府内に提供・管理する公社賃貸住宅「SMALIO(スマリオ)」約21,000戸を対象に、物件問い合せから入居申込・審査完了までの電子化を実現する。

 

画像=プレスリリースより

 

大阪府住宅供給公社は、物件検索サイトを自社で運営しているが、システム導入によって本人確認書類や収入証明書等の提出など、従来、電話・窓口対応・郵送で行われていた入居希望者とのやりとりも電子化され一元管理が可能になる。

 

また、入居希望者からの入居申し込みを反映させ、自動で該当物件の募集を終了することもできる。物件へ問い合わせをしたユーザーが入居申し込みに至らなかった場合は、ユーザーの希望条件にあう他の物件情報を定期的に自動提案する。

 

 

現在、イタンジのリアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB」を通じて、賃貸不動産仲介会社に対して、大阪府住宅供給公社の最新物件情報を共有するための準備が進行中だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ