日本中央住販 無人内見システムを新築分譲モデルハウスに導入

 

奈良県を中心に不動産事業を展開する日本中央住販(奈良・奈良、谷手義紀社長)は、IoTを活用した不動産案内システムを開発するショウタイム24(東京・港、 市川達也社長)と提携し、スマートロックを活用した「無人内見システム」を2つの分譲地内のモデルハウスに導入し、公開をスタートした。

 

画像=日本中央住販ホームぺージより

 

「無人内見システム」は、Web上で希望の物件、希望の時間に「内見」の予約を入れ、予約した日時に直接現地を訪問、スマートフォンに表示される開錠ボタンをタップし、物件ドアのスマートロックを開錠するといった非対面で内見できるシステム。同システムを活用することで、新築戸建てのモデルハウスを無人にし、土日・平日を問わずいつでも気軽に内見してもらえるようにした。

 

 

これまでは、新築戸建ての検討をする場合、物件の内見スケジュールを調整したり、不動産会社との連絡のやりとりをするなど、購入検討者には多くの時間と手間がかかっていた。また、新型コロナ感染症対策を背景に、不動産販売の現場においても非対面・非接触が求められる中では、物件への案内や内見が難しい状況も多くあったため、今回の導入に至ったという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ