オープンハウス アメリカ不動産管理、驚異的な伸びで全米3000棟を突破

 

オープンハウス(東京・千代田、荒井正昭社長)と米国子会社がアメリカ現地にて管理する物件が、2022年1月末時点で3,000棟を突破した。州別だとテキサス州が1727棟で最も多く、次いでジョージア州の859棟、ハワイ州の216棟、オハイオ州の148棟と続いている。

 

画像=プレスリリースより

 

オープンハウスでは、アメリカ不動産販売を2017年8月に開始して以来、現地を熟知した日本人スタッフによる物件選定、グループ会社による融資商品の提供、煩雑な契約手続きを完全サポートするワンストップサービスを展開してきた。

 

購入後、現地での不動産管理を現地企業に委託する企業も多い中、同社では子会社である現地法人が直接、物件の管理を行っている。こうした体制と米国不動産取引市場の活況が相まって、アメリカ不動産を購入するオーナーが増加している模様だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ