日本少額短期保険協会 「孤独死対策サミット2022」を開催、過去最多の約400名が参加

 

一般社団法人日本少額短期保険協会 (東京・中央、渡邊圭介会長)は2022年2月4日に「孤独死対策サミット2022」を主催した。3回目となる今回、過去最多の約400名が参加した。

 

画像=プレスリリースより

 

当日は、4つのプラグラムに沿って進んでいった。1つ目は、2021年2月に内閣官房に設置された孤独・孤立対策担当室による「孤独・孤立に関する政府の取組」についての講演。2つ目の「国土交通省住宅局による「残地物処理に関するモデル契約条項」では、入居者が死亡した際の家財(残置物)の処理について、具体的なひな型の説明を交え解説した。

 

3つ目は、日本少額短期保険協会が「孤独死の現状と早期発見に向けて」と題して、5000人以上の孤独死データを分析した孤独死の現状をレポートした。レポートでは、若年層の自殺が多いこと、孤独死は高齢者だけの問題ではないことをデータに基づき説明したほか、孤独死の早期発見に向けての協会提案として「絆アプリ」のプレゼンも実施した。

 

最後は、早稲田大学生経済学術院准教授より「若者の自殺:孤独感と孤独死からの考察」と題した研究結果の発表があった。コロナ禍における若者の自殺の現状や、高齢者よりも若い世代(40歳未満)が孤独感を感じている等、調査結果を交えて説明した。これらのプログラムは3月31日までYouTube上で動画公開している。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ