帝国データバンク 企業がテレワークで感じたメリット・デメリットを調査、52%がデメリットの方が多いと回答

 

帝国データバンク(東京・港、後藤信夫社長)は、企業がテレワークで感じたメリット・デメリットについてアンケート調査を実施した。

 

画像=プレスリリースより

 

調査結果として、①31.5%の企業がテレワークを実施し、その52.1%がデメリットの方が多いと感じる。②『製造』のテレワーク実施率は『非製造』を7.5ポイント下回る。③ 地域別では、1都3県でのテレワーク実施率が47.2%で突出して高い。④社内コミュニケーションに関連することが一番のデメリットに、の5つを挙げている。

 

また、自由回答からの具体的なメリット・デメリットについて集計したところ、メリットの方が多いとしている企業のうち「通勤時間や移動時間を有効活用できる」が35.7%でトップとなった。次いで、「新型コロナの感染を防げる」(15.2%)、「ワークライフバランスを実現できる」(13.0%)が続いた。

 

一方、デメリットの方が多いとしている企業のうち「社内コミュニケーションが減少する、意思疎通が困難」などコミュニケーションに関する問題が26.6%で最も多かった。次いで、「できる業務が限られる」(19.3%)、「進捗や成果が把握しにくい」(14.6%)となった。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ