ツバイスペース 瞬時にアパートプランを自動設計するAIアプリ「オートカルク」を不動産投資家向けにリリース

 

ZWEISPACE JAPAN(ツバイスペース ジャパン、東京・千代田、亀田勇人社長)は、自社運用していた不動産・建設AIアプリ「オートカルク」を不動産投資家向けのスマホアプリとしてリリースした。

 

 

 

画像=プレスリリースより

 

「オートカルク」は、土地の写真をアップロードすると、20秒ほどで最適なアパートプランを自動設計するアプリ。現状のアパート査定のみならず、建て替え時のプランも3Dで建設して計算する。同アプリは、シリコンバレーのスタートアップアクセレーターであるプラグアンドプレイのサミットで優勝している。

 

 

今回は、東京都、神奈川、千葉の不動産オーナーに限定して、アパートプランの提供、建て替え時のプランの提供を行う。初月は300名限定とし、翌月以降に対応を拡大する予定だ。

 

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ