コスモスイニシア「大人の二人世帯」向けリノベーションマンションを完成

 

大和ハウスグループのコスモスイニシア(髙智 亮大朗社長)とIRIS(須藤 啓光社長)は、「大人の二人世帯」に向けた商品を共同で企画し、この企画を反映したリノベーションマンションが完成した。2021年12月から販売開始している。

 

 

画像=プレスリリースより

 

 

リノベーションマンションは、東京メトロ丸の内線「中野新橋」駅徒歩10分にある「センチュリー中野南台」。今回の企画では、DINKS世帯に加えて、LGBTs世帯など多様な層に響く部屋を目指し、LGBTs当事者が中心となって運営し、LGBTsの二人暮らしをサポートする不動産仲介会社IRISと共同で商品を企画した。

 

 

企画では「二人の時間」に着目し、近すぎない距離感でお互いを尊重できるよう独立した間取りや2ボウルの洗面台を設置。またキッチンはインテリアの1つと捉え、白を基調とした大理石調の天板やデザイン性の高い水栓を採用した。L字型で二人での調理もスムーズにできるゆとりがあり、ホームパーティなどの際にはキッチンを囲みやすい形状にしている。さらに、玄関に「ハーフ土間収納」を確保。玄関からも室内からもアクセスでき、雨に濡れたものは玄関からダイレクトにしまい、室内に上がってからスリッパのままで整理整頓をすることが可能だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ