estie シリーズAで10億円の資金調達を実施。事業・組織拡大のため、採用強化へ

 

estie(エスティ、東京・文京、平井瑛社長)は、既存投資家であるグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)、また新規投資家としてグローバル・ブレインを引受先とする第三者割当増資により、約10億円の資金調達を実施した。

 

画像=プレスリリースより

 

不動産業界ではDX推進が一層加速し、同社が提供する不動産データ分析基盤「estie pro」は、サービスリニューアルをおこなった2020年7月から2021年12月まで、約14倍(月平均約+15%)のMRR(月次経常収入)成長を続けている。

 

この度の資金調達により、採用・組織体制を強化し、不動産業界を中心に複数サービスを継続的に開発・提供するマルチプロダクト戦略を推し進めていく。商業用不動産にまつわる取引や情報の流通を滑らかにし、業界のDX実現を目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ