Housemart 2022年マンション価格調査、購入検討者の55%以上が「値上がる」と予想

 

中古マンションの売却アプリ「カウル」を運営するHousmart(東京・中央、針山昌幸社長)は、カウル会員を対象に「2022年マンション価格はどうなる!?アンケート」を実施した。その結果、半数以上の55.2%が「マンション価格は上がる」と回答した。調査期間は、2021年12月7日〜12月13日、回答者数:223人。

 

画像=プレスリリースより

 

「マンション価格は上がる」と回答した人のうち、その理由として最も多かったのが「建材、人件費の高騰」(66.7%)。次いで多かったのが「売り出し物件が少ない状況が続く」(56.9%)、「都心への人気が高まる」(47.2%)だった。

 

 

Housmart代表の針山氏は「中古マンションにおいては、売り出し物件が少ない状況が続くこと、都心人気が高まるという予想は私も同じです。マンション価格が下がる要素が見つからないことから、2022年も2021年同様の水準で売却・購入が行われると推察します」と見解を述べている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ