iYell 第一生命保険と協業し、団体信用生命保険の加入可否を審査する「団信パスポート」をリリース

 

iYell(東京・渋谷、窪田光洋社長)は、第一生命保険(東京・千代田、稲垣精二社長)との協業により、新規サービス「団信パスポート」をリリースした。同サービスを通して、住宅ローンの新規借入・借換を検討する住宅購入者の負担軽減とあわせて、ペーパーレス化等によるカーボンニュートラルへの取り組みも実現していく。

 

 

画像=プレスリリースより

 

「団信パスポート」は、住宅購入者がiYell経由で住宅ローン手続きを行うケースにて、住宅ローン審査に先がけて第一生命の取り扱う団体信用生命保険(団信)審査を行い、第一生命が加入を内諾した場合に発行するもの。現時点では、第一生命が団信の幹事保険会社であるみずほ銀行で使用できる。

 

 

団信の加入は、住宅ローン融資の必須条件となっているケースが多く、融資審査が進んだ後に団信加入が不可となった場合、融資自体を諦めざるを得ないケースや融資条件を変更せざるを得ないケースも想定される。こうした課題を解消するため、住宅購入者が「団信パスポート」をあらかじめ取得することで、安心して住宅の検討や住宅ローン手続きを行えるようにした。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ