アールプランナー 名古屋証券取引所市場第二部へ上場

 

不動産事業を展開するアールプランナー(愛知・名古屋、梢政樹社長)は、12月22日、名古屋証券取引所市場第二部へ上場した。今回の上場により、同社株式は東京証券取引所マザーズ市場との重複上場となる。

 

画像=プレスリリースより

 

同社は2003 年の創業以来、愛知と東京で住宅事業・不動産事業を展開してきた。「デサイン×テクノロジーで人々の住生活を豊かにする」をミッションに「テーマ性を持ったWebサイトやSNSを活用したデジタルマーケティング」「デザイン・設計力、高性能、コストパフォーマンスの全てにこだわりを持つ商品力」「注文住宅×分譲住宅×不動産仲介のワンストップ・プラットフォーム」に注力する。

 

名古屋証券取引所市場第二部への上場を機に、東海エリアでのさらなる社会的信用や知名度の向上、地域経済への貢献に努めていくという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ