三井不動産 海外初の駅ビル商業施設「ららステーション上海蓮花路」が12月22日グランドオープン

 

不動産(東京・中央、 菰田正信社長)は、上海閔三商業管理有限公司(三井不動産が100%出資で設立したプロジェクト会社)を通じて、上海地下鉄1号線蓮花路(レンファールー)駅に、海外では同社初の駅ビル商業施設「三井ショッピングパーク ららステーション上海蓮花路」(以下、「ららステーション上海蓮花路」)を開業する。12月10日に地下鉄駅とバスターミナルとの連絡通路開放に合わせて1階・2階の一部店舗が先行オープンし、12月22日にグランドオープンする。

 

画像=プレスリリースより

 

日本の人気アパレルブランド「niko and…」、中国発のシェアオフィスブランド「DISTRII办伴(banban)」、ドイツのスーパーマーケット「ALDI」などの、日本・中国・インターナショナルブランドなど約90店舗が出店する。施設のコンセプト「Smart Lifestyle Station」を軸に、駅・商業・オフィスが一体となり、交通・買い物・就業をワンストップで完結できるハイブリット型施設だ。「ららステーション上海蓮花路」は、2021年10月に開業した「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」に続き、中国上海市では同社2番目の商業施設となる。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ