大和証券が三井不動産と協業し、本社ビルの電力を自社グループの再エネ発電由来へ切り替え

 

大和証券(東京・千代田、中田誠司社長)は、本社を置くグラントウキョウノースタワー(以下、「ノースタワー」)で使用する電力の全量を大和証券グループ本社傘下の大和エナジー・インフラが国内に所有する再生可能エネルギー発電設備の環境価値が付与された電力へ切り替えた。この取り組みは、三井不動産との協業により推進している。

 

画像=プレスリリースより

 

大和エナジーが所有する再生可能エネルギー発電設備の環境価値による付加情報が付与されたトラッキング付非化石証書を、ノースタワーの賃貸人である三井不動産が小売事業者より取得。大和証券は三井不動産の「グリーン電力提供サービス」を活用し当該非化石証書が付与された電力の提供を受ける。

 

 

大和証券グループは2021年4月よりノースタワーに入居する全てのグループ会社において実質的な再生可能エネルギーを使用している。三井不動産は、2022年度までに東京ミッドタウンと日本橋エリアのミクストユース型基幹ビルなど首都圏25棟における使用電力(自社持分相当共用部)を先行してグリーン化することとしており、この一環として2021年10月よりノースタワーでの使用電力を再生可能エネルギー発電設備の付加情報が付与された電力へ切り替えた。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ