ケイアイスター不動産 「令和3年度東京都スポーツ推進企業」に昨年度に続き認定

 

ケイアイスター不動産(埼玉・本庄、塙圭二社長)は、東京都より従業員のスポーツ活動促進に向けた取り組みやスポーツ分野における支援を実施している企業として「令和3年度東京都スポーツ推進企業」に令和2年度に続き2年連続で認定された。

 

画像=プレスリリースより

 

同社は従業員の健康増進や全社的なスポーツ推進意識の向上を目的に、地域のスポーツ大会などへの協賛とともに、従業員にも積極的な参加を呼びかけている。これまで、地域スポーツクラブと連携した取り組みや、野球部をはじめとする社内でのスポーツ活動などを通し、従業員のスポーツ活動を促進してきた。

 

 

また、2015年より障がい者アスリートを継続して雇用し、2019年4月には、それぞれが異なる競技のアスリートからなる組織「ケイアイチャレンジドアスリートチーム」が発足。トップアスリートとして高いレベルでのトレーニングと競技を続けながら、社内のミーティング参加、研修講師や商品開発などの業務に携わるほか、イベントや体験会などで本庄市や本庄市内の教育機関と連携したパラスポーツ認知向上のための活動を行っている。これまで本庄市内のジュニアスポーツ大会や学校での体験会を行うなど、延べ800名以上にパラスポーツを体験してもらった。同社は、こうした継続的な取り組みが評価され、2年連続での認定につながったと考えている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ