ASATEC 空間認識のAR技術で土地に家を出現させる営業支援サービスを開発

 

XRのコンテンツ開発を手がけるASATEC(東京・港、朝日恵太社長)は、空間認識のAR技術で土地に家を出現させる不動産営業支援サービス「build+(ビルドプラス)」のβ版を開発した。今後、不動産会社、住宅メーカーに順次提供スタートする。

 

画像=プレスリリースより

 

往来、マーカー画像を認識しマーカー画像の上にARで3DCGの家を表示して確認する技術や、スマートフォンの画面上コントローラーで3DCGの家を表示する技術はあった。しかし、どの技術も5mほど歩くと位置がずれてしまい、操作が複雑のため営業時にスムーズに活用するのが難しかったという。

 

 

「build+(ビルドプラス)」では、空間を認識し、土地の上に3DCGの家を簡単に表示させることに成功。空間を認識し、3DCGの家を表示するサービスは国内の不動産業界初の取り組みだという。土地の中を1周した場合でも3DCGの家の位置はずれることなく表示させられる。結果、3DCGの家の位置が変更しない状態で建物の中から外の景色を見ることができるようになった。同サービスは特許出願中で、今後、土地を販売している不動産会社や分譲地を販売している住宅メーカーに向けて提供を開始する。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ