ライナフ 国交省の「非接触・非対面型のBtoC配送実証事業」に採択

 

ライナフ(東京・文京、滝沢潔社長)は、国土交通省における「非接触・非対面型のBtoC配送実証事業」において、事業者として採択された。

 

画像=写真ACより

 

実証事業で、ライナフは集合住宅におけるオートロックエントランスの解錠デバイス技術を活用した非接触・非対面型の置き配に係る実証と、その検証を行う。実証事業を通じて、再配達率の削減、配送効率の向上、非接触・非対面の実現による社会的効果の測定・検証等を通して、配送の効率化への貢献を目指す。

 

 

ライナフは、2021年よりオーナー・管理会社に向けて、「置き配」の普及と導入支援を「置き配 with Linough」として取り組んでいる。オートロックエントランスを解錠するシステムとして、スマートエントランス「NinjaEntrance」を活用し、これまで1000棟以上の物件に導入されている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ