加瀬倉庫 自社ビルとコンテナ型レンタルボックスに大型LEDディスプレイを設置、広告枠を提供

 

東京・神奈川を中に1,700ヵ所75,000室以上のトランクルームを運営する加瀬倉庫(神奈川・横浜、扇間宏社長)は、新宿・歌舞伎町にある「プラーズタワー東新宿」と、神奈川県内2カ所にあるトランクルームに大型LEDディスプレイのデジタルサイネージを設置した。それに伴い、広告枠の受付も開始した。

 

画像=プレスリリースより

 

これまで「加瀬のレンタルボックス」(屋外型トランクルーム)には通常の看板を設置していたが、夜間に広告が見にくいことや動画広告の需要を受け、交通量の多い幹線道路、人通りの多い歩道にディスプレイを設置し、より華やかな動画広告やオリジナルコンテンツを配信する。

 

広告枠は「プラ―ズタワー東新宿」で1枠(15秒・1日20回)月5万円、神奈川県川崎市にある「加瀬のレンタルボックス末吉橋」で1枠(30秒・1日16回)月3,300円、神奈川県横浜市の「加瀬のレンタルボックス大豆戸陸橋下」で1枠(30秒・1日15回)月3,300円とリーズナブルな価格で設定している。その他の同社物件でもデジタルサイネージを導入し、随時運用開始していく。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ