リマールエステート 事業者間の不動産売買プラットフォームでAIマッチング機能をリリース

 

リマールエステート(東京・中央、赤木正幸社長)は、事業者間による不動産売買に特化したプラットフォーム「キマールマーケット」にて新機能「コネクション」をリリースした。「コネクション」機能では、物件にマッチする顧客をAIが提案し、ユーザー同士がつながることで新規人脈が手に入る事業者間のクローズドマーケットを創出する。

 

画像=プレスリリースより

「キマールマーケット」は、総額4兆円規模の非公開物件情報をベースに、物件と顧客をAIがマッチングし、新たな不動産売買の機会を創出するサービス。今回スタートしたコネクション機能に加え、既に提供中のレコメンド機能、マーケット機能と併用することで、より強力な新規営業活動を実現できるようにした。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ