大東建託 賃貸仲介会社向け、多言語通訳と入居者24時間コールセンターサービスを提供開始

 

大東建託グループの大東建託パートナーズ(東京・港区、佐藤功次社長)は、賃貸仲介会社向けに多言語通訳サポートサービス「ランサポ(Language support)」と、24時間対応の入居者コールセンターサービス「サポートコール24」のサービス提供を開始した。

 

画像=プレスリリースより

「ランサポ」では、外国人が部屋探しや賃貸契約の際に、仲介会社のスタッフと顧客との間の通訳や、契約書の翻訳などのサービスを提供する。通訳は仲介業務などに精通したオペレーターがリアルタイムに対応する。対応言語は英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語の6か国語。ベーシックプランは月額2万2000円(税込)で、契約締結通訳補助利用料は1件につき3,300円(税込)。その他、外国人入居者が電話相談窓口「入居後サポートダイヤル」を利用できるプレミアムプランもある。

 

「サポートコール24」は、鍵の紛失や水漏れなど住宅設備のトラブルを24時間365日対応でサポートする有償サービス。賃貸建物管理の経験豊富なオペレーターが業者手配まで行い、入居者はサービス費用のみ負担するため、万一の修理費などの費用負担を軽減することが可能だ。入居者負担のサービス料金は1万6500円(2年間)で、電話・緊急出動は1回の利用につき120分まで無償で対応、修理にかかる部材費は5,500円(税込)(1回まで入居者の負担なし)、鍵の紛失時に開錠業者の手配ができなかった場合、外泊費用等として見舞金(1万円)を支払う。

 

 

同様のサービスは、これまで大東建託パートナーズの管理物件の入居者限定で提供してきたが、他の管理会社の物件にも利用できるようにした。仲介会社は、代理店として同サービスを入居者様へ提案・販売することで、販売手数料を得ることも可能だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ