三井不動産 日本サッカー協会と「サッカーの力を活用した街づくり連携および拠点再編に関する基本協定」を締結

 

 公益財団法人日本サッカー協会(東京・文京、田嶋幸三会長、以下「JFA」)と三井不動産(東京・中央、菰田正信社長)は、「街づくり連携および拠点再編に関する基本協定」を2021年10月21日に締結した。

 

 

画像=プレスリリースより

 

基本協定締結の目的は、三井不動産が推進するスポーツ・エンターテインメントの力を活用した街づくりにおける連携と、創立100周年を迎えたJFAの歴史と伝統を継承し、次の100年の発展に資する拠点の再編。

 

 

JFAは、2003年より文京区に本拠地を置き、サッカーの普及と強化、スポーツ環境の整備、スポーツを通じた社会貢献を推進。一方、三井不動産グループは「MIYASHITA PARK」「TOKYO SPORT PLAYGROUND」「三井不動産アイスパーク船橋」「スポーツアカデミー for TOKYO2020」など、スポーツの要素を盛り込んだ街づくりを推進するとともに、今年1月には株式会社東京ドームを子会社化した。

 

 

 両者がタッグを組み、それぞれの実績やネットワークを生かすことで、サッカー/スポーツを核としたコミュニティー創出とスポーツの発展に資する拠点再編に向けて検討を進めていく。主な検討項目としては、1.サッカー/スポーツを核としたコミュニティーの創出における連携。2.JFAの次の100年の発展に資する拠点の再編。3.JFA職員の仕事環境の充実
4.JFAが所有する「JFAハウス」の有効活用の4つを挙げている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ