東急リバブル セゾンファンデックスと業務提携し、リースバックサービスを開始

 

東急リバブル(東京・渋谷、太田陽一社長)は、セゾンファンデックス(東京・豊島、青山照久社長)と業務提携し、リースバックサービスの提供を開始した。

 

画像=写真ACより

 

東急リバブルのリースバックは、顧客の自宅を提携会社のセゾンファンデックスが買い取り、代金を一括で支払った後、賃貸借契約によって自宅にそのまま住み続けられる仕組み。

 

東急リバブルでは、不動産買取サービス(マンション、一戸建、土地等)で実績を積んできた。さらに、リースバックサービスを導入することで、シニア層のみならず、事業資金・教育資金の調達や住宅ローン解消などを目的に自宅売却を検討する顧客へ買取サービスにプラスし、「売ったあともそのまま住める」ニーズにも幅広く対応することを目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ