freee for kintone 向けに「不動産賃貸管理アプリテンプレート」の提供開始

 

freee(東京・品川、佐々木大輔社長)は 「freee for kintone」で利用可能な「不動産賃貸管理アプリテンプレート」の提供を開始した。

 

 

画像=プレスリリースより

 

「freee for kintone」は、freee会計とkintoneのデータ連携を可能にするWebアプリケーション。主要な機能として、kintoneレコードの情報をfreee会計と連携し、見積書・請求書・取引を作成したり、freee会計で管理している入金情報をkintoneから確認できる機能がある。

 

今回提供開始した「不動産賃貸管理アプリテンプレート」は、案件に基づき賃貸契約の情報を賃借人別に管理する。また、貸借人に対する毎月の請求書に必要な情報を作成し、請求書発行・入金確認をスムーズに行い、kintone上で一元管理できるようにした。

 

リリースに伴い、11月12日に「freee for kintone不動産アプリ リリースセミナー」をオンライン開催する予定だ。セミナーでは、不動産業界の理想的な管理体制について解説しつつ、具体的な解決方法と「不動産賃貸管理アプリテンプレート」の活用法について紹介する。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ