ライフデザイン・カバヤ 鳥取県米子市に新モデルハウスオープン、鳥取進出は好調な滑り出し

 

ライフデザイン・カバヤ(岡山・岡山、窪田健太郎社長)は、2021年9月25日(土) に鳥取県米子市皆生新田にある、ガリレオテラス皆生新田(全38区画の大型団地)内にて「皆生モデルハウス」をオープンした。

 

画像=プレスリリースより

 

「皆生モデルハウス」は、『水平ラインを意識した、伸びやかでつながりを感じる住まい』をコンセプトに、広々としたLDKを中心とした間取りや1階の屋根の高さとリビングの天井の高さを揃えることにより、住まい全体のスケール感やつながりを表現している。LDKの大きい掃き出し窓から続くタイルテラスや、掘りごたつを設えた和室など、住宅展示場のようなモデルハウスなのが特徴だ。

 

ライフデザイン・カバヤでは、2021年1月に『米子モデルハウス』(鳥取県米子市西福原)のオープンを皮切りに、本格的に鳥取県での事業展開を進めてきた。現在までに販売していた7棟の分譲住宅は完売している。

 

今後も早々に分譲住宅の建築を予定するなど、好調なスタートを切っているという。テレビCMやウェブ集客にも力を入れつつ、鳥取エリア全体での認知度を上げていきたい考えだ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ