ベクトルグループ出資先のリベロが東証マザーズへ新規上場

 

ベクトル(東京・港、長谷川創社長)グループの出資先であるリベロ(東京、港、鹿島秀俊社長)が2021年9月28日、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場した。

 

画像=リベロコーポレートサイトより

 

リベロは、新生活のスタートで直面する課題に対して、不動産事業者向け新生活支援サービス「新生活ラクっとNAVI®」、法人企業等向けクラウド転勤支援サービス「転勤ラクっとNAVI®」、引越事業者向け引越しプラットフォーム「HAKOPLA(ハコプラ)®」、入居者向けに家賃の割引を行うクラウド賃貸契約サービス「ヘヤワリ®」等の新生活サービスプラットフォームを提供している。

 

ベクトルグループは、インベストメントベンチャー事業として、優良ベンチャー企業への投資活動にも取り組んでいる。資本面で支援に加え、同社の中核事業である戦略PRサービスやIRサービスの提供をすることで、顧客の事業の成功と企業価値の向上をバックアップし、総合的な企業成長の支援をしている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ