GMOグローバルサインHD 家賃保証のジェイリースが「電子印鑑GMOサイン」を導入、API連携開発を開始

 

GMOインターネットグループのGMOグローバルサイン・ホールディングス(東京・渋谷、青山 満社長)が開発・運用する電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」を、保証関連事業大手のジェイリース(東京・新宿、中島拓社長)が導入、さらにジェイリースの賃貸管理業務オンラインシステム「TeraWeb(テラウェブ)」とのAPI連携に向けた開発を開始した。

 

画像=プレスリリースより

 

 

「TeraWeb」では「電子印鑑GMOサイン」の署名機能を活用した電子署名機能を実装することにより、GMOグローバルサイン・HDの提供する電子契約サービスを不動産賃貸借の現場でシームレスに利用できるようになる。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ