シーフ 水害対策をパッケージ化した賃貸マンションを竣工

 

投資⽤ワンルームマンションの開発・販売を行うシーラ(東京・渋⾕、湯藤善⾏社長)は、江東区大島1丁目に「水害対策マンション」を竣工した。

 

 

画像=プレスリリースより

 

「水害対策マンション」では、ハード面においては、ハザードマップから浸水被害の予測を立て、設計地盤面プラス1mを水防ラインと定めて設計している。エントランス・管理室・エレベーターなどマンション共用部重要設備のある部分を「水害対策エリア」と定め、止水板、止水扉を設置。また、電気・インターネット・水道などのライフライン重要設備を水防ラインより高く配置し、設備の水没からの安全性を高めた。ソフト面では、 在宅避難を想定した3日間分の備蓄品完備などを強化し、災害からの入居者の安全確保と災害設備有効利用を目指した。

 

物件は、都営地下鉄新宿線「西大島」駅より徒歩6分に位置する「SYFORME SUMIYOSHI(シーフォルム住吉)」全80戸。2021年9月末竣工予定だ。

 

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ