リーウェイズ 不動産価値分析サービス「Gate.」がIT導入補助金2021の対象ツールに認定

 

リーウェイズ(東京・渋谷、巻口成憲社長)が開発・提供する不動産価値分析AIクラウドサービス「Gate.(ゲイト)」は、経済産業省が監督し中小企業・小規模事業者向けに実施している「IT導入補助金2021」の対象ツールに認定された。これにより「Gate.」の導入企業は費用の2/3、最大450万円を補助金として受け取ることが可能になる。

 

画像=「Gate.」サービスページより

 

IT導入補助金は、経営課題の解決を目的とした通常枠(A・B類型)と新型コロナウイルス感染症の対策として非対面化ツールの導入を目的とした低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)がある。

 

補助金の対象ツールは、AI査定で不動産分析する「Gate. Investment Planner」、市場分析を行う「Gate. Market Survey」、オフィスの市場分析ツール「Gate. Office Market Survey」の3種類がある。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ