ライナフ トーシンコミュニティーの高級賃貸マンション「ZOOM」に置き配システム導入

 

ライナフ(東京・文京、滝沢潔社長)は、高級賃貸マンションブランド「ZOOM」を管理するトーシンコミュニティー(東京・武蔵野、千代谷直之社長)と連携し、トーシンパートナーズグループが手掛ける分譲賃貸マンション「ZOOM」シリーズ、およびその他の分譲賃貸マンションに、ライナフの置き配システムを順次導入する。

 

画像=プレスリリースより

 

 

ライナフの置き配システムは、Amazonが提供する「Key for Business」と同社製品の「NinjaEntrance」を活用したオートロックマンション向けのシステム。「Key for Business」は、Amazonが配達を委託しているドライバーが荷物を持っている時に限りオートロックを解除でき、「NinjaEntrance」は、その他の宅配会社の置き配を可能にする仕組みだ。まずは、トーシンコミュニティーが管理する「ZOOM両国」(=画像)から導入をスタートする。

 

両社は、置き配対応を進めることで、入居者の利便性向上に加えて、再配達問題におけるCO2排出量削減への貢献を目指す。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ