プライスハブル 東京23区・公園近くの住宅価値AI分析レポートを発表

 

AI不動産査定サービスを展開するスイス発の不動産テック企業PriceHubble(日本オフィス:プライスハブルジャパン、東京・千代田、廣澤祥生社長)は、東京23区の公園近くの住宅価格レポートを発表した。今回の調査では、23区の大規模公園(10万平米以上)付近の住宅価格をAI査定を使って、「標準的な中古マンション物件」の価格を算出した。同じ条件(68㎡、2005年築、鉄筋コンクリート造)で、それぞれのエリアの価格を比較している。

 

結果として、(1)都心の公園近くのエリアは、価格が高く、昨年からの価格の上昇率も大きい。(2)23区内でも、都心の3分の1程度の価格で、大きな公園の近くに住めるエリアもある。(3)公園からの距離と住宅価格は、関係性が見られない。公園近くでも、駅から遠いなど、周辺よりも安いエリアもあることなどがわかった。

 

画像=プレスリリースより

 

また、住宅価格が高い公園トップ25のランキング(=画像)も発表。トップ3には、都心の有名な公園である明治神宮外苑、代々木公園、芝公園がランクインした。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ