リソル不動産 貸別荘の需要が急拡大し、別荘運用相談件数が前年比3倍以上に

 

リソルグループのリソル不動産(東京・新宿、今泉芳親社長)では、密を避ける傾向や休暇の分散長期化、ワーケーションなどで貸別荘需要の拡大を背景に、収益化を目的とした別荘運用の相談件数が前年比3.3倍となった。

 

画像=プレスリリースより

 

貸別荘事業のリソルステイの2021年4~8月売上高は、8月6日時点で前年比3倍、前々年比3.7倍だった。また、同社で実施したアンケート調査では、コロナ禍における旅行で行きたい施設として貸別荘が約80%と圧倒的に人気だった。主な理由として「密を避けた別荘地という立地」「巣ごもり疲れからリフレッシュ目的(温泉や自然)」「タブレットによる無人チェックイン」が上位にあげられたという。

同社では、別荘オーナー向けに起業から運営・集客をワンストップで行う仕組みの提案を2019年10月から行っており、別荘オーナーからの別荘運用相談件数は前年比3倍以上のペースで増加している。

 

リソルグループでは、リソルステイ事業のさらなる拡大を目指し、別荘の運用契約をしたオーナーを対象としたデザイン家電のプレゼントキャンペーンなどの企画も実施。「コロナ禍における所有別荘のホテル化」の推進を図っていく。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ