リノベる 本社地下1階にモノづくりの原点に立ち返るスペース「b1./ビーワン。」をオープン 

 

リノベる(東京・港、山下智弘社長)は、本社地下1階にモノづくりの原点に立ち返る場所として2021年4月15日に「b1./ビーワン。」をオープンする。

 


画像=プレスリリースより

 

同スペースでは、モノだけでなく作り手のストーリーを伝える家具コレクションやイベント等の開催、デジタル製造加工機「Shop Bot(ショップボット)」を導入したモノづくりの場、加えて、ショールームでは体感することのできない床下や壁の中などのリノベーションの中身を見て実感しながら住まいづくりができるミーティングスペースとして利用する。「リノベる。」の顧客だけでなく、展示するブランドのファン、パートナーを含む取引先企業、リノベーション業界、インテリア業界関係者への情報発信の場であるとともに、社員の知識向上の場としても活用していく。

 

オープンを記念して、4月15日からマルニ木工の「MARUNI COLLECTION」「MARUNI60」を展開する『箱+道具でらしい暮らし展』を開催。まずはマルニ木工とプロダクトデザイナーの深澤直人氏が生み出すブランド「MARUNI COLLECTION」を、5月20日からは同社が1960年代のロングライフ製品を復刻生産する「60VISION(ロクマルビジョン)」に賛同し立ち上げたブランド「MARUNI60(マルニロクマル)」の製品や映像など、製造過程や技術を知ることができる貴重な展示物とともに、モノづくりのストーリーを展示する予定だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ