ツクルバ ユーザーデータを物件仕入・企画に反映させる再販事業支援サービスを開始

 

ツクルバ(東京・目黒、村上浩輝社長)は、運営する中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームcowcamo(カウカモ)で収集したユーザーデータを商品仕入れ・企画に反映させてスムーズな売却を支援する新サービス「再販事業支援サービス」のトライアル検証を開始した。

 


画像=プレスリリースより

 

同サービスでは、カウカモの25万人超のユーザー会員の嗜好データに基づいた「ブランド」を開発し、ブランドごとに仕入や物件の企画を作成する。仕入・企画・流通を再販事業者とともに行い、ブランドごとにファンを蓄積する仕組みを構築、ファンの行動から得られたデータを事業者にフィードバックすることで物件の仕入れ・価格を最適化する。

 

従来より提携していたスター・マイカに加え、グローバルベイス、コスモスイニシア、リビタの計3社と同サービスを開始した。サービスを通じて、中古・リノベーション市場の活性化と業界構造の変革を目指す。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ