オウチーノ コロナ禍の人気駅ランキング、首都圏トップ3は「辻堂駅」「浦和駅」「流山おおたかの森駅」

 

くふうカンパニーグループで、住宅・不動産専門サイトを運営するオウチーノ(東京・港、長井健尚社長)は、2020年のコロナ禍期間(2020年4月-12月)および前年同期間(2019年4月-12月)における「オウチーノ」サイトへのアクセス数を集計し、両期間の首都圏における人気駅ランキングを発表した。


画像=プレスリリースより

 

ランキングでは、第1位が「辻堂駅(神奈川県)」、第2位が「浦和駅(埼玉県)」、第3位が「流山おおたかの森駅(千葉県)」という結果になった。コロナ禍前(2019年4月-12月)とコロナ禍(2020年4月-12月)の順位を比較すると、第2位の「浦和駅(埼玉県)」が10位から順位をあげ、「大宮駅(埼玉県)」、「北千住駅(東京都)」、「たまプラーザ駅(神奈川県)」、「高尾駅(東京都)」が圏外から10位以内にランクイン。コロナ禍でリモートワークが普及してきたことなどを背景に、都心から少し離れた住みやすい郊外駅に注目する傾向が見られた。

 

一方、2021年1月-2月の最新データにおいては、首都圏の人気駅トップ3の順位に変動はないものの、「大泉学園駅(東京都)」「成城学園前駅(東京都)」「橋本駅(神奈川)」などが、新たにトップ10に入ったという。全体的に郊外エリアの人気が高まっている。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ