三井不動産とJAXA 日本橋エリアで宇宙ビジネスマッチングの機会を提供 

 

三井不動産(東京・中央、菰田正信社長)と国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(山川宏理事長)は、日本橋エリアからの宇宙ビジネスの創出促進に関する連携をスタートした。

 


画像=プレスリリースより

 

三井不動産とJAXAは、2018年度から昨年末にかけて「宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHI」を活用した事業化促進活動を試行し、宇宙ビジネスのプレイヤーが集まる場を提供してきた。今回の共創活動では、特に「機会」の提供に注力する。具体的には、企業等に対し、①マッチング機会の提供、②アクセラレーションと実証機会の提供、③ベンチャー支援共創の3つをテーマとして様々な取り組みを推進する。

 

①では、宇宙関連領域における日本企業と海外企業との連携や、非宇宙関連領域の企業等の参入・連携の促進を目的としてビジネスマッチングプログラムを共創する。②では、宇宙を活用した事業アイデアを持つ企業等の社会実装に向けた取り組みや、新たな宇宙の市場創出を目的として、新しい宇宙ビジネスの成長加速を支援する。③では、三井不動産、JAXAそれぞれの強みやノウハウを活かした新しいベンチャー支援のあり方を検討し、実施していく。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ