スペースリー パナソニック ホームズ不動産の物件VR撮影制作から業者間連携までを自動化 

 

VRクラウドソフト「スペースリー」を運営するスペースリー(東京・渋谷、森田博和社長)は、パナソニックホームズ不動産(大阪・豊中、細谷昭弘社長)の賃貸物件のVR撮影制作からパノラマVRコンテンツを含む物件情報の業者間連携までの自動化を実現した。

 


画像=プレスリリースより

 

パナソニック ホームズ不動産では7営業所でスペースリーを導入し、全国約5万7千戸の管理物件のうち900戸がVR化されている。今後も空室になり次第、VR化を進めていく。

 

自動化の仕組みとしては、まずパナソニック ホームズ不動産の基幹システムから管理物件の情報がスペースリーのシステムへ自動で取り込まれる。その後、空き物件のVR撮影制作がスペースリーに発注されることによって、VRコンテンツが制作され、業者間サイトへと自動で連携される。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ