「三菱地所アクセラレータープログラム2020」に採択企業8社が決定 

 

三菱地所(東京・千代田、吉田淳一社長)とサムライインキュベート(東京・港、榊原健太郎社長)は、スタートアップ企業とのオープンイノベーションによる新事業創出を目指す「三菱地所アクセラレータープログラム2020」にて、採択企業8社を決定した。

 


画像=プレスリリースより

 

同プログラムは、2017年度よりスタートし、今回で4期目。110社のビジネスプラン応募のなかから、8社が採択された。事業内容は、下記のとおり多種多様だ。

 


 

三菱地所では、既存事業以外にも、ノンアセットビジネスやBtoC/BtoBtoCに着目した新たな事業展開に引き続き注力していくという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ