HLC 築90年の古民家を改修し、お化け屋敷をオープン 

 

東京都杉並区で「方南町お化け屋敷オバケン」を運営するHLC(東京・杉並、日比健社長)は、新たにお化け屋敷「凶遡 咽び家(きょうそ むせびや)」を東京都港区にオープンした。同施設は、杉並区に2016年オープンした「畏怖 咽び家(いふむせびや)」の姉妹店。

 


画像=プレスリリースより

 

築90年の古民家を改修し、内装や家具は当時の面影を残している部分もある。総敷地面積は延べ床168㎡。「異界」をテーマにしたストーリー設定で、ゲーム性のあるミッションクリア型が特徴。1回にあたり6名まで参加可能でプレイ時間は40分だという。今回の施設開発にあたっては、クラウドファンディングを活用し約300万円を集めた。

 

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ