オープンハウス コロナ禍の在宅時間増加で「小規模低層型」マンションのニーズが高まる

 

オープンハウス(東京・千代田、荒井正昭社長)は、1都3県に在住し1年前から住宅購入を検討している600名を対象に、新型コロナウイルスの影響により住まいの購入ニーズがどう変化したか「コロナ禍を受けた住宅購入意識調査」を実施した。

 


画像=プレスリリースより

 

調査結果として、マンションの購入検討率は61.9%で、コロナ前(62.2%)から変化なく堅調であること、また、マンションの購入検討エリアは20~30代の若年において「都心6区」が増加したことがわかった。

 

購入検討タイプは「小規模低層型」が上昇し、「大規模高層型」は低下した。「駅近」重要度は約8割と依然高い水準で、特に20~30代の「駅近」重要度が増加。居住者間トラブル・共有スペースにおける接点・セキュリティ意識の高まり など、在宅時間の増加に起因する細かなニーズの変化が顕在していることが判明した。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ