日鉄興和不動産 シングルライフに理想的な25㎡プランを調査・発表 

 

日鉄興和不動産(東京・港区、今泉泰彦社長)が運営するシングルライフのための暮らし・住まいの研究所「+ONE LIFE LAB(プラスワンライフラボ)」では、2020年春より「暮らせる25㎡理想の間取り調査研究」を始動。この度、調査結果から導き出した「シングルライフに理想的な25㎡プラン」を発表した。

 


画像=プレスリリースより

 

調査では、単身世帯および単身生活の経験のある同社社員に8つの25㎡プランを提示。各プランを特徴づける5つの特化ポイントを抽出し、「どの特化ポイントが評価され、どの特化ポイントが評価されないのか」「投資ではなく、実際に住むとしたらどの間取りが良いか」「なぜその間取りが良いのか」等をアンケート形式で回答してもらい、その後、回答結果について複数のグループに別れてディスカッションする形で進めた。

 

特化ポイントで最も評価されたのは、「1K(洗濯機洗面室内):キッチンと洋室が分かれているタイプ」で、住みたい間取りでは、「1DK(縦組み):キッチンと洋室がダイニングを挟んで分かれているタイプ」だった。この結果をベースにプロトタイプ(=画像)を作成。さらにブラッシュアップし、商品化を目指していくという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ