タスキ、電通大、感性AIの3社でAI活用の不動産価値流通研究をスタート 

 

タスキ(東京・港、村田浩司社長)、電気通信大学(東京・調布、田野俊一社長)、感性AI(東京・調布、虻川勝彦社長)は、「最先端テクノロジー活用による不動産価値流通の研究」をテーマとする産学連携共同研究を開始する。

 


画像=写真ACより

 

具体的な研究テーマは「AIを活用した不動産価値流通の可視化の研究」および「スマートシティにおけるVR活用の研究」の2つ。同研究およびプラットフォーム開発は、タスキの新設部署DX戦略研究室で行う。

 

研究では、不動産業界の情報の非対称性(売り手・買い手、貸し手・借り手間の情報格差)を是正し、いつでもどこでもオンラインで正確な情報を取得できるプラットフォームを構築することを目指している。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ