アクセルホーム スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を導入 

 

アクセルホーム(東京・渋谷、小島謙次郎社長)は、スーツに見える作業着がコンセプトの「ワークウェアスーツ」を企画販売するオアシススタイルウェア(東京・港、中村有沙社長)と提携し、2020年5月に同スーツをスタッフユニフォームとして導入した。

 


画像=プレスリリースより

 

アクセルホームの業務は、高級不動産の売買・賃貸・仲介・管理など。接客のほかに動く作業が多いためスーツの損傷が激しく、クリーニングが必要な汚れが付くことも多く、従業員の金銭的負担になっているのが課題だと感じていた。

 

「ワークウェアスーツ」は、洗濯機で洗えてクリーニングが不要、ストレッチ性があり動きやすいことなどが特徴。動く機会が多いスーツ着用必須の業界にマッチしている。オアシススタイルウェアによると、導入企業は販売開始2年半で650社を突破したという。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ