安田不動産 神田錦町まちづくり新拠点「神田ポートビル」来春オープンへ 


安田不動産(東京・千代田、中川雅弘社長)が仕掛ける神田錦町の「神田ポートビル」が来春グランドオープンする。同ビルは築56年の印刷会社旧社屋。耐震補強およびリノベーション工事を施し、新たなまちづくりプロジェクトの新拠点として再生する。



画像=プレスリリースより


ビルは、「NATURE:都市における自然と人間性への回帰」「AUTHENTIC:歴史が遺した本物の再解釈・再編集」をテーマに改修。「神田ポートビル」の名前の由来のように、人々が「寄港」するような1本の大樹になぞらえて、外装はアースカラーと左官の素材感で整える。


内部では、糸井重里氏が代表の株式会社ほぼ日が来春リニューアルする「ほぼ日の學校」の教室スタジオや、写真家池田晶紀氏が主宰する株式会社ゆかいによる「あかるい写真館」、サウナ界を牽引する米田行孝氏が代表を務める株式会社ウェルビーが次世代サウナ施設「サウナラボ」を運営する予定だ。

 
  • line
  • facebook
  • twitter
  • line
  • facebook
  • twitter

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

このコラムニストのコラム一覧へ